FC2ブログ

09/02

西武園ゆうえんちウォータージャンプS-air
手前から7番台8番台広くて緩くて安心、その向こう岸は0番台(講習台)
S78番台



ウォータージャンプK-air
0番台(講習、そしてキッズやビギナー対応)
K-0番台



ウォータージャンプというイメージは、マニアックとかコア、そしてスキー向きというイメージが多く聞かれます。
これは、過去にはスキー場に限定されたアスリートの練習施設という歴史からできあがったのではと推測しています。

しかし30年前、スキー場ではない河口湖畔で、日本で初めてのWJ施設が誕生。
当時はWJという表現ではなくウォーターランプとかウォーターランページという言い方でした。
当時、スケートボードやローラースケートで、今で言うバートをランページと言っていたことから、専用な台だから付けた名前でしょう。
参加者は、エアリアルを目的とした人が多く、と言うよりその選手しか難しい台でしたね。
幅は2m程度、アプローチの出だしは40度くらいありましたからね。
このランページ台は、この河口湖だけではなく、都内や関西などの都市部でエアリアルショーを開催するスペシャルなものでした。
すべてアングル組で数百本もあり、組み立ての手順を間違えると作り直しという手強さ。
段々手慣れてくると鳶職並みにイントレ(足場)組み立てが得意になってきます。

あれから、30年。

よくもまあ、その時代からやってみたものですと、我ながら感心しています。

これからもウォータージャンプが普及して欲しいね。


そして、写真のように
西武園ゆうえんちウォータージャンプS-airとウォータージャンプK-airには、りっぱなエントリー台があります。
30年前から10年前まで、当時は全く考えられなかったレジャーやエントリーという、自身の快楽で飛ぶことから脱却し、多くの人の安全と遊び、そして練習に広がってきましたね。

特に、S-airとK-airではWJ初めてという方の割合が多い。
そんな、広がりを持ってさえも、まだまだウォータージャンプの知名度は少ないのです。

大阪の準備に向けても、そんな広がりをもっと作ってみたいですね。

応援ヨロシクお願いします。


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://waterjump.blog74.fc2.com/tb.php/33-ecd03e48

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク