--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://waterjump.blog74.fc2.com/tb.php/11-3428699d

10/30

出張が多いのがアプレスキーの宿命ですわ。
2週間ほど留守にしていました(といっても何処を基準に留守にするかが最近わからん=東京にもアパートがあり、ホテル住まい100日の私にとって)。その間、3000km走りも走る。
コンサルやデューデリ、なんちゃってスノーパークの段取り、スキー場経営のご相談、ペイントボールの段取り、土地情報の取得やら、ウォータージャンプ以外の仕事が私の担当だったりして。

このブログはウォータージャンプのことだけをピックアップして書いていますが、運営会社アプレスキーの本業のお仕事も紹介させてくださいまし。
開業は1986年。おっ、今年って20周年のアニバーサリーだったりして(汗)
スキー場のゲレンデ設計請負とコンサル業務からスタート。
不思議に思う人もいるかもしれませんが、フリースタイルとは全く無縁な事業からスタートしているのですよね。フリースタイルらしい仕事は、「さのさか」にモーグルコースを造ったときかスキージャム勝山でスキーショーをしたときからですから、93~94年頃からになるのですよね。
しばらくはスキー場の測量設計とスキー場のデューデリジェンスを地道にやっていたのですよ。
最近では測量設計の受注が激減したのですが、デューデリ関連業務が多い。その経緯で生まれた「なんちゃってスノーパーク」は来期18カ所くらいになるのかなぁ。
これら仕事の内容は、もう一つのブログ「スキー場業界と運営」に譲りますが、以外でしょ、アプレスキーの本業。
特に、なんちゃってスノーパークはウォータージャンプの利用者とは全く違うのです。
ふつう、雪上の仕事とウォータージャンプがリンクしていると考えるかもしれませんが、正直あまりリンクしていませんな。
なんちゃってスノーパークとはキッズやビギナーを中心にスキー場にでかけるごく一般の人たちが対象で、ウォータージャンプを利用する人はマレと言ってもいい。しかしスキー場の来場者の85%はこれらの人ですから、これがウォータージャンプの運営に非常に参考になっているので、無関係ではないかもね。
また、2001シーズンまでゲレンデで苗場であったコアゲームの施設責任者や大手スポーツ店のビッグエアシリーズ戦のプロデュース、大手メーカーのビッグエアも何年も施設制作と運営やら、そうそう、サロモンクロスマックスの第1戦の設計とTDなどスキークロスの創世記のゲレンデは殆ど私の設計、シーズンで30~40ものイベントをこのあたりはやっていたのですわ。はたまた、スキー場のパークを何カ所かで請け負いディガー達が50人くらいいたときもあったのですね。

それが突然ですが、2001シーズンでこの世界から身を引きました。
ビッグエア系イベントでは参加者は安全運営の限界もあり100人程度、それにメディアとメーカーがいつもやってきます。なにやらゲレンデは賑やかになるのですが、一般ゲレンデの人たちは勝手に滑っているわけで、イベント、特に大会には見むきもしてくれない。要はですよ、イベント会場は業界人の人しかいないのですよ。大会を見ている人が結構多かったですよ、なんて報告をしてたところで、ゲレンデにる人の数パーセントで、スキー場に取ってはなんの足しにもならない・いわば自己満足、マスターベーションでしかないじゃん。って気づいたのですなぁ。

パークをやめた理由はというと、これは"お粗末"。
ディガー達は自分で飛ぶための台を作るのに一生懸命で、スキー場本来の顧客のためには台が作れないのです。
ビギナー用の台も作りますよと言っても、適当。真剣味は伝わらない。
そして、半ケツ・茶髪・ピアスの3点セット。大人になりきれない半社会人。所詮自分の遊びを仕事場に持ってくるだけのディガー。
アプレスキーは人集めでは定評がありますので、パークにはたくさんの人にきていただきましたわ。しかし、一般のお客さんが去っていてしまった。スキー場集客のデューデリをするアプレスキーのコンセプトとは違う世界に突き進んだのですよねぇ。
市場の育成、底辺拡大を行わなければならないのに、尖った人しか相手にできない自分に大いに反省なのでした。
まっ、そんなことや、あんなこと、で一切やめにしよ。底辺拡大の専門会社として再度進もうと、これらのゲレンデ活動を止めた翌年、02年にウォータージャンプK-airを作りました。

このウォータージャンプについては、運営する上での”必然性”がなければ成り立たない。
それは、社会的な意義、市場底辺拡大という2大テーマ。これは永遠のテーマなんだなぁ。

PS:
そうそう、あるウォータージャンプ命の方からアドバイス。
10月17日記述の「わかりずらい道なのが都会なのよ」にたいして、「社長、所沢は田舎だから道がわかりずらいのですよ」だと。
すいませんねぇ。そんなこともわからない田舎ものとお許しくださいまし。ぎゃ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://waterjump.blog74.fc2.com/tb.php/11-3428699d

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。