FC2ブログ

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://waterjump.blog74.fc2.com/tb.php/1-22863b1a

09/09

飛ぶことを専門としている遊びやスポーツには様々なものがありますよね。
ウィンターではスキージャンプ、モーグル、ビッグエア、ハーフパイプ、スロープスタイル、
オールシーズンでは、体操競技、トランポリン、高飛び込み、タンブリング、スカイダイビング、モトビッグエア、BMX、バンジージャンプなどなど
これらのスポーツの新たなジャンルに、今や「ウォータージャンプ」が加わった現象が起きています。

西武園ゆうえんちウォータージャンプS-airが2006年7月7日にオープンしました。
有限会社アプレスキーが西武園ゆうえんちスノーボードパークを借り受け、ウォータージャンプ場に施設改修したものです。いわば施設の再開発。
連日たくさんの方々がスキーやスノーボードを履いてウェットスーツを着込んでプールに飛び込んでいます。
利用される方の80%はウォータージャンプが初めての方々です。
この数字には、多くの方が驚かれます。
「あんなマニアックなことをやる人がそんなにいるの?」と感心されます。
通常の概念からは、かなり特殊な印象が強いのですね。
ビジネスという観念より、スポーツ施設、修練や強化の場所というイメージでしょうか。

ただ、実際は違う。
西武園ゆうえんちウォータージャンプに来られた方、スキー場経営者の方も多く見えます。
スポーツショップのかた、ウィンターメーカーの方、はたまたウィンター専門誌の方々も、業界の方々が西武園ゆうえんちウォータージャンプの状況に驚かれます。
こんなにも、一般の方が多いなんて・・・・・・・
しかも、滑ることもままならず飛ぶ人までいる。
そして、すごい数の人がいる。いったい何人いるのだろうか。

ウォータージャンプというスポーツを、2002年に三重県桑名市にオープンしたウォータージャンプK-airが一般概念を崩しました。
こちらは、1995年に開設したショートホールのゴール場。
オープン5年ほどで経営不振となり、再生として有限会社アプレスキーが立ち上がり、スキー場外の都市型営業施設として日本初めて開設。
都市型だから、遠い山奥のウォータージャンプまでいかずに気軽に楽しめることができる。
運営を優しくすることで、エントリー層やキッズに気軽に楽しんでもらいたい。
結果は、80%の未経験者が体験し、確実に底辺拡大につながっております。

西武園ゆうえんちウォータージャンプが加わり、より広くウォータージャンプが認知され、一層の拡大になっています。

私は、声を強くしていいたい。
スポーツの枠を超えて、ウォータージャンプはレジャーとなったことを!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://waterjump.blog74.fc2.com/tb.php/1-22863b1a

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。