2008年08月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい

カテゴリ:未分類

08/28

なにがって?



何ですよ。
あれ、あれ。


mixiのO-airコミュ
530人を越えているそうな・・・
オープンが6月だから、、、、

おぇっ、に、に、2ヶ月で500人越え!!
すごい、すごい、

何がスゴイかって?



ようわからん。


けど、すっごぉーい!


そして、ありがたいことなのです。
あざーすっ!!


ほんでもって、
S-airコミュも530人だってさ
これまた、すごい。すごい。

またまた、
K-airも420人だって。
関東や関西に比べるとマーケットは小さいけど、どっこいコミュは大きい。


ウォータージャンプってこの人たちに支えられているいるんだよねぇ

ありがたいことですゎ。


まさに、施設の雰囲気作りってのは、
施設経営者が作るのではなくって、
施設を利用する人たちが作るモノなんだねぇ。

っと、しみじみ実感している筆者なのでした。


大きなウォータージャンプの和が、だんだんとパワーアップしていますな。


利用者のみんなが作る楽しい楽しいウォータージャンプの和、もっと広げましょう!










スポンサーサイト

08/23

そうなのよ。

フリースキーが、危機なのだ。



ここ数年、板の販売やら専門誌の発刊やら、ゲレンデではあちらこちらで飛びイベントだ、と増加傾向だな・と感じていた矢先で、こんな話題。


ことし、フリースキー系、とくに飛び系板が売れていないらしい。
というよりは、今までの勢いが弱まった?止まってしまった?
そんなやりとりが、店舗から聞こえてくる。

メーカーサイドも、

もともと販売台数は基礎に比べると問題外の少なさ・だとか。
しかも、救い無い中で勢いが止まるのは、先行き不透明感になってしまった。


では、ゲレンデは?

フリースキーヤーがいっぱい飛んでいるスキー場は・・・・・
ここが多いゾというスキー場はあまり聞いたことが無い。


仮に多いよと噂を聞いたとしても、そのスキー場のパークにはボーダーの方が圧倒的に多かった。

主観的ではあるが、パークは9割以上がボードだと思うのだ。



おかしいじゃないか!?


北米では、パークの半数がフリースキーヤーになってきたというし、
ヨーロッパでは、フリースキーヤーの方が多いと聞く。
どうみても、フリースキーが盛り上がっている。


しかもだ、
どこのスキー場に行っても、フリースキーヤーの殆どが10代のキッズ達。


しかし、
日本では、10代キッズが占めているぞいうパークなど、殆ど見られないのだ。


どうして?

なんで?・・・・・・・・




弱った、、、、、わからん。



水飛びでは、フリースキーヤーが来ているような実感はある。

ただし、10代キッズはあまりにも少ない。


このままだと、フリースキーはマズイでしょ。



なんとか、しなくては・・・・・・・・・・・


といっても、WJだけではどうしようにもできない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続   く


08/19

07sair

この写真は、S-airオープン時の写真です。
観覧車とウォータージャンプ、青い空、お気に入りの写真なのですねぇ。

よく見ると5番6番のレイアウトや、今年いじった4番が変わっていますね。
懐かしんでくださいな。



さて、
夏休みは、満喫しましたか?
WJとんだ人も、飛んでない人も、元気です・かぁっー!!

熱帯夜から解放されつつある今日この頃、
WJに快適なシーズンがやってきます。


そう、8月後半から10月中旬までが、実に気持ちよく飛べるのです。


外気と水温の温度差が少ない方が、飛びやすいのですよ。
ハイクも楽だし、飛んでいても、そう疲れない。
数こなしたい練習モードには、バッチリだからかもしれません。


数多く飛ぶことで、必ず上達します。
飛びは、体力よりも感覚重視のため、飛ぶほど磨かれるのです。


こんな、おもしろいエピソードがあります。


地味な競技ですが、
エアリアル競技の世界では、今や中国が男女とも世界一となりました。

その中国チームは、10数年前に白馬WJに練習にきていたんですねぇ。
その時の、彼らの飛ぶ回数が半端じゃなかった。


日本チームは、一日せいぜい10~20本程度だったかなぁ。

しかし中国チームは、一日40~50本飛んでいましたよねぇ。

ジャンプ~着水~上陸~コーチのアドバイス、そして間髪を入れずにハイクアップ。
それを、朝の9時から夕方4時まで、、、、、


しかも、オフ日がほとんど無く、一ヶ月飛びっぱなし。
とっ、ということは、1500本以上飛んだことになるのですワ。

これだけ飛ぶとですよ、苦痛になったり飽きたりするモノです。
しかし、こんだけ飛んでも、彼ら全員が笑顔で、「とても楽しい」と一つ返事で豪語していたのを思い出します。


もうひとつ ついでに、似たようなエピソード。

3年前に四国愛媛が誇る室内ゲレンデ「アクロス重信」に行った時のお話し。

これまた中国。
中国のスノーボードチーム(どっかの県だったかな)が、HPを初めて練習にきていたのを、たまたま、目撃しました。
彼らは、低学年から高校生くらいの子供達ばかりで、滑ることがやっとの子が多かったかな。
多くは、パイプには入れず、フラットゲレンデで木の葉落としをバタバタ転びながら練習していましたね。

しかし!
先シーズンのワールドカップのリザルトを見て、ちょービックリ。

そこに来ていた選手なのかは不明ですが、中国女子選手が優勝しているではないですか。

とすると、


たった、たった3年で!?

すごすぎます。

同じ人間?


中国チームは、毎年アクロスにやってくるようで、最近は、男子選手も育ってきているようです。

聞くところによると、あと1~2年で世界トップに追いつくらしい。


ショーンホワイトと戦う中国チーム、、、、
う~~む。
そんな図式も近々見られるかもしれませんね。

空中感覚育成と言う点では、北京五輪でその力をまざまざと見せつけた中国。
体操やトランポリン、高飛び込み、そしてエアリアルを見ても世界屈指ですから、ハーフパイプやワンメイクの習得はお手のものでしょう。


数こなして、
そして、楽しんだ結果は、
必ず上達する・ということですな。


そこで、あなた。

あなただって、数こなして楽しくで飛ぶと、そりゃぁ必ず上手くなります!。


シーズン終了まで、まだまだ3ヶ月もありますよ。



あと、「何千本」飛びますか?・・・・・・・・・



08/12

080810-1600_oair

夏休みです!

暑いです。

皆さんのお休みはどうですか?


この写真は8月10日の午後4時半頃です。
暑い中、多くの方にお越し頂きありがとうございました。

さて、
写真の3~4番と、5~6番のウェイティングエリアの光景。

多くの人が待っているように見えますねぇ


でも、実はですよ


O-airは、回転が速いため、ど・ん・ど・ん・飛べるのです。


嘘ではありませーん。


それぞれ10人以上が待っていますが、

実は、1セッションで20本以上、らくらくと飛べていましたよ。


それには、秘密の技術が秘められているのです。



その秘密とは、

ジャンプ台の設計に加えてプールの設計に工夫があるのです。


着水場所を予め計算しておいて、
上陸用ブイ(K点)を設置。
人気の台は、3~6番台のため、上陸地点をできるだけ近づける。

ランディングして、ちょっと泳いでブイをつかめば、隣の台からスタート。


このレイアウトは絶妙だと思うのです(今更人ごとですが・・・・)。


スキー場では、リフトの輸送人数とゲレンデのバランスで、設計値やレイアウトが決められるのですが、ウォータージャンプの場合、助走から上陸までの区間の流量計算によりキャパが決まってくるのです。



ある程度人がいたほうが楽しい。
でも沢山飛びたい。
気楽さと気安さ、そして安全。

そんな、リクエストを満たすO-airなのでした。



まだまだ、暑い夏が続くようです。

みなさんも、体調に気をつけて、言い夏休みを過ごしてくださいね。

O-airに涼みに行きましょう!




エスエア!

カテゴリ:未分類

08/08

080806s-air
2008年8月6日(木)午後3時 西武園ゆうえんちウォータージャンプS-air

久々のS-airです。
平日にかかわらず、大勢お越し頂いておりました。
みなさん、ありがとうございます。

さて、
S-airでは、ここしか見られない「花火」を、目の前で見ることができます。
元々は、西武園ゆうえんちの夏の花火大会が8月の毎週末の夜に開催されています。
http://www.seibu-group.co.jp/rec/yuenchi/

たまたま、S-airの正面にズドーンとあがるだけなのですが、
これが、本当に真正面で、そして見上げる位置にあがるものだから、
まるでS-airの花火大会!ってな、たとえ話をついついしてしまうのです(笑)。

まだ、ご覧になっていない方は、是非一度ご覧あれ。


そして、
9月が近づくと、各スキー場のキャンペーンも各ウォータージャンプで開催されてきます。
パンフレットがどんどん送られてきます。
そして、お楽しみも!
最寄りのスキー場の最新情報は、S-air、K-air、O-airでゲットしましょう!
来年のパーク情報など、ウォータージャンプでゲットしてみませんか。




暑っ!!!

カテゴリ:未分類

08/05

080803oair
大阪ウォータージャンプO-air 8月3日(日曜日)

080804kair
桑名ウォータージャンプK-air 8月4日(月曜日)


暑いです。
こうなると、暑いを通り越し、熱い!


久々にK-airの写真です。
水が眩しいほど綺麗です。

平日に撮影しましたが、某学校の授業でも使われて、ずいぶんと賑やかでした。


O-airは、暑かった。
大阪は、スノーボードパワーがすごいですねぇ。
O-airにより、新たなムーブメントが起こりつつあることが実感できました。

ただし、フリースキーはまだまだ浸透してないようです。

地域により、特色がずいぶんと異なるものです。







トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。