最新ウォータージャンプの記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/27

お手本のような綺麗な着水!フォーポイントランディング!
0215


これもなかなかでござる。スプラッシュ!
0029



見事なスプラッシュ!
0050





ちょっと前のめりかぁ!
0293








おっとっと!
0071









覚悟の上だ
0104







そして、、、








風船よ、おまえはどこに行く・・・・
0177



スポンサーサイト

08/24

taes-moguls

飯綱高原 里谷多英モーグルコース

突然ですが、冬のゲレンデを見てクールダウンしませんか。
写真は、07シーズンの飯綱高原里谷多英モーグルコースです。
コース作成と管理は、アプレスキーの北本哲也が担当しています。
知る人ぞ知る01シーズンSAJモーグルランキング1位なのです。

利用者談「日本一のモーグル練習コース」と絶賛のコメントを一杯いただきました。
SAJの公認コース(A級B級)も北本が作ります。
スキー場を経営する長野市開発公社も長野市役所も認める、そして選手達も認めるコースと言わせていただきますね。

まっ、モーグルはこのへんにして、、、、、、、

コメントいただきました。


>次はどの台でどの程度の技ができるか、の目安なんか扱ってほしいです。
>ダブルはどの台まで可能か、とかエアリアル一回転、二回転の台の大きさについてとか。

S-airもK-airもエアリアル台は残念ながら無いのですよ。
エアリアル台はサッツ角度が50度以上必要なのです。
S-airの4番で38度程度。
この台ではBF、つまりバックフリップをなんとか快適に習得できるように設定してます。
モーグル台は35度程度に設定。いわゆる限界値と考えて設定。


先日、札幌でテイネのウォータージャンプに寄ってきましたが、運営する工藤氏曰く、「サッツが50度以上でないと正しいBFは習得は無理っすよ」との談。
さらに、現在建築中のさのさかwj、当然ながら50度オーバーの台でBF習得としています。

建築者、運営者は悩むのです。
私ももともとアスリートで出身ですので、50度オーバーの台は作りたい、、、、
しかし、その需要が無ければ作れないぃ、、、その葛藤のなのですね。


ただし!
現在の台の角度やスペックで、どの技をどう取得できるかのアプローチは、近々紹介させていただきますね。

貴重な、コメントありがとうございます。

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。